whileループを使って対話式アプリを作る

書籍「退屈なことはPythonにやらせよう」を教本にした「投資家のためのプログラミング勉強会(投プロ)」第6回目です。 本日は、whileループ(2章7.4) を使って、対話式に処理をしてくれるアプリを作ってみます。 前… 続きを読む »

目次: 投資家のためのプログラミング勉強会 #投プロ会

はじめに 投資家がプログラミングを学習する意味とは Pandasの入り口にいかに到達するか 初級編 第1回複数の株情報サイトを一度に表示してみようプログラミング初めの一歩 変数とは? 第2回指定した証券コードの関連サイト… 続きを読む »

指定したティッカーの米国株関連ニュースを翻訳して表示する

書籍「退屈なことはPythonにやらせよう」を教本にした「投資家のためのプログラミング勉強会(投プロ)」第5回目です。第1回〜第4回までは以下の項目を学びながら、指定した銘柄コードの関連サイトを一気に開いてくれる「一発く… 続きを読む »

入力したコードが東証銘柄かチェックする

書籍「退屈なことはPythonにやらせよう」を教本にした「投資家のためのプログラミング勉強会(投プロ)」第4回目です。今回は、第1部4章に沿って下記の内容を学んでいきましょう。 リスト(大量の変数を簡単に扱う方法) fo… 続きを読む »

入力した証券コードの妥当性をチェックする

書籍「退屈なことはPythonにやらせよう」を教本にした「投資家のためのプログラミング勉強会(投プロ)」第3回目です。 第1回 複数の株情報サイトを一度に表示してみよう プログラミング初めの一歩 変数とは? 第2回 指定… 続きを読む »

指定した証券コードの関連サイトを表示する

「投資家のためのプログラミング勉強会(投プロ研)」第2回目です。当勉強会は「退屈なことはPythonにやらせよう」を教本にして、我々投資家にとって必要となるプログラミング技術を習得していきます。 前回はよく見るウェブサイ… 続きを読む »

投資家がプログラミングを学習する意味とは

私がプログラミングを勉強してきてよかったなぁと感じたことの一つは「銘柄情報の収集整理が一瞬で完了し、その後の分析作業にのみに頭を集中できるようになった」ということが挙げられます。 株式投資の売買は、自分が欲しいデータの収… 続きを読む »

複数の株情報サイトをワンクリックで表示する

「投資家のためのプログラミング勉強会(投プロ会)」第1回目です。 投資活動において、各種データをいろいろなサイトから集めて収集、分析することはよくある光景ですね。 投資家は独自の視点で集めたデータを分析して売買を判断して… 続きを読む »

Pandasで売上高と営業CFから営業キャッシュフローマージンの列を追加する

営業キャッシュフローマージンとは企業の競争優位性を示す指標値で、営業キャッシュフローを売上高で割った数値になります。一般的には15%以上だと競争優位性が高いと言われています。100万円の売上があった場合15万円以上のキャ… 続きを読む »