Salesforceとkintoneのどちらを採用すべきか

自社の営業支援ツールを選ぶ際にSalesforceとkintoneを比較するケースは多いようです。両者とも機能面はもとより宣伝などのプロモーションが上手いので検討の俎上に乗りやすいんでしょう(^^;)

選択に当たって色々な切り口はありますが、私が相談を受けるに当たっては結論としてはまずはkintoneでやってみるのを勧めしてます。

kintoneはそもそも中小規模事業者向けに設計されており、最初に始めるまでの学習コストがほとんど掛からず、簡単にいうと「取っつきやすい」のです。

Salesforceはかなり高度なことが実現できますが、なにも知らない状態から始めるには初期投資(学習コストとライセンス費用)がそれなりに掛かります。自社内に専門のSEが必要なケースもあるので、利用開始前に諦めるケースも出てくるほどです。

例えるのならSalesforceはどこでもガンガン走れる4WDでkintoneは軽く近所を走る原付バイクといったところでしょうか。そでも自転車よりは運べる荷物も多いしスピードは桁違いに出せるイメージです。そして案外と原付で足りてしまう業務って沢山あるものです。

色々迷って困ってしまうぐらいなら、kintoneから始めて、いよいよ使いこなしてきたタイミングでSalesforceを検討してはいかがでしょうか。この場合はデータ移行も必要になりますが、CSVファイルで割合と簡単にデータ移行できる点が両者の特長でもあるので、

まずは一歩を踏み出してPDCAを回すことを重視したいですね。クラウドツールの利点は思ったら即行動が取れるところなのでこれを活かさない手はありません。

 

Please follow and like us:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


10 − 9 =

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial