士業向け開業支援パック 「カイギョウ」をリリースしました

現在、弁護士事務所や社労士事務所のIT顧問を行なっていますが、今時のお客さまは色々と勉強されていて、様々なクラウドサービスを利用されているケースが多いです。
ただ裏を返すと所内のクラウドサービスがサイロ化しており、情報管理やコミュニケーションが散在しているケースも多いです。
このような現場に途中から入って、各種サービスを整理することも多いのですが、実際に始めてみるとなかなか大変な作業です。
一通り整理し終えて所内の情報がスッキリし出すと「こんな事なら開業時に初めからお願いしたかった」との声を多くいただきます。
ということでこの度当社では新サービス「カイギョウ(士業向けの開業支援サービス)」をリリースしました。もちろんクラウド100%です。
各種アカウント設定などの初期設定、操作方法、使い分けなど、開業当初から所内のスケールに合わせてご提案します。IT専門家が顧問のようにいるつもりでいつでも相談可能です。
ただでさえ忙しい開業準備、IT周りを丸っとお任せいただけます。

「カイギョウ」の支援内容

ITインフラ(ファイルサーバー、メール、自社ドメイン管理、カレンダー)
Google Workspace を利用します。これはグーグルの各種サービスを法人向けにパッケージしたもので、マイクロソフトなどの類似サービスと比較して管理システムがシンプルで高機能。これ一つで基本的なITインフラは全てカバーできます。1名600円/月
オンライン会議
Zoomがおすすめです。シンプルな操作性と相手側の利用シェアも高いです。
TeamsやGoogle meetは多機能すぎるのと品質もZoomと比較すると見劣りします。
顧客、案件管理などのCRM/SFA
kintone がおすすめです。
よく比較される Salesforce は元々が大企業向けということもあり、機能が多すぎてかつ高価なので使いきれないケースが多いです。
契約、蔵書、備品管理などの台帳管理
kintoneがおすすめです。自社の業務に合わせた各種台帳が手軽に作成できます。
チャットや情報共有
こちらもkintoneがおすすめです。チャットワークやSlackもありますが、チャットツールはどれか一つに絞らないと情報が散在して「あれどこに書いたっけ?」という事になってしまいます。
顧客管理や台帳管理にkintoneを採用したならば、チャットもkintone上でやれば情報が集約化できますし、コストもかかりません。
kintone使用料金 1名1500円/月
「カイギョウ」サービスは、上記利用料に加えて、初期費用10万円、IT顧問料3万円/月(所員10名まで)で承ります。
初期費用内で、上記の環境設定、アカウント設定を行い、IT顧問料の中で継続的に各種設定変更やアカウント追加作業を行います。
また、自社向けにカスタマイズしたアプリを作りたい場合も、顧問料の中で相談をお受けします。
クラウドツールは利用の手軽さから手軽に始めてしまえますが、実際に運用を始めると各サービスとの整合性を取ることが難しく、開始前にきちんと整理して導入しないとせっかくの便利ツールが誰にも使われないといった状態になりかねません。
カイギョウでは自社の利用シーンや課題に合わせた提案から導入、運用までをトータルにサポートいたします。
Please follow and like us:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


20 + 9 =

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial